赤ら顔 スキンケア

MENU

長年悩んでいた赤ら顔とさよならできました!

 

 

カバー力の高いファンデーションを使ったり、オーガニック系の低刺激スキンケアアイテムを使ったり、
レーザー治療に通ったりとあらゆる手段を講じてもどうすることもできなかった、私の頑固な赤ら顔。
助けてくれたのは、和漢化粧水「白漢 しろ彩」でした。

 

昔から、いつも顔が赤いねと言われて…

私の一番の悩み、それはほっぺたが真っ赤なこと。
血色がいいだけでしょって思うかもしれませんが、そんな簡単なものじゃありません。
街中でもたま〜に見かけませんか?
りんごのように赤いほっぺたをしてる女の子を。
あれってチークを塗りすぎたわけじゃなく、暑いわけでもなく、そういう体質なんです。
これが私と同じ赤ら顔ってやつなんです。

 

赤ら顔ってかなり頑固な存在で、ファンデーションなんかではもちろん隠すことはできません。
シミ・そばかすが一瞬で消えるようなカバー力の強いファンデーションでも、効果なし。
使っている基礎化粧品の刺激が強過ぎるのが原因かなって思って、
めちゃくちゃ高いオーガニック系の化粧水を買ってみたりもしたけど、効果なし。
レーザー治療で赤みがましになったという人がいたので試してみたけれど、これも目立った効果なし。

 

顔は人の印象を決める一番の場所だから、何とかしたくて頑張ってみたけれど、
結局赤ら顔は治ることなく私を長年悩ませる存在でした。

 

しろ彩との出会い

しろ彩のことを知ったのは、Twitterでした。私の運命を変えてくれたのは、同じように赤ら顔に悩んでいる女性のひとつのつぶやき。
この女性のつぶやきによって、私は「赤ら顔専用」の化粧水があることを知ったんです。

 

今まで肌への負担が強すぎるから赤みが引かないのかと思って、低刺激のオーガニック系化粧品を使うことばかり考えてました。
まさか、まさか、赤ら顔専用の化粧水があるとは思わなかったんです。
まさに私の長年の悩みを解消してくれる、救世主だと感じました。

 

しろ彩でのスキンケア方法

正に、ワラにもすがる思いで注文した、しろ彩。
使い方は驚くほど簡単でした。

 

難しいことはなにもなく、いつも使ってる化粧水とほとんど同じ。
500円大ぐらいの量を手に取り、両手を使って肌にしっかり浸透させる。

 

ただ塗るだけでなく、しっかり浸透させることを意識することが大事だと思います。
そしてある程度浸透したら、さらに重ね付けをすると効果的なんだそうです。
1度にドバッと付けるよりも、数回に分けて何度も重ね付けるのがいいんだとか。

 

しっかりしろ彩を浸透させたあとは、いつもの化粧水とクリームを使っていいんです。
なので手順としては、前まで使っていた化粧水を変えただけ。
それだけでした。

 

テクスチャは少しとろみがあるぐらい。
さっぱりというよりは、しっかりと保湿してくれるしっとり系です。
ほんのり甘い香りで、使っているだけで癒されますよ。

 

しろ彩を使って2週間、ついに変化が!

しろ彩と使い始めて2週間が経った頃。
ふと鏡を見ると、なんとなくいつもより赤みが少ない気が…!
そんな劇的に変わるものではないだろうと長期戦を覚悟していたんですが、この頃からはっきりと違いを感じられるようになりました。

 

期待値が大きすぎる自分の思い込みかとも思ったんですが、使い始める前に撮った写真と比べるとやっぱり赤みが薄くなってるんです。しかも赤みが少なくなっただけでなく、肌がいつも潤っていてモチモチに。
赤みさえ何とかできればいいやって思ってたんですが、しろ彩を使い始めてから肌もふっくらするようになってきました。

 

これからしろ彩を使い始める人は、ぜひ使う前に自分の顔の写真を撮っておくといいと思います。
そして使ってから1週間後、2週間後にその写真と見比べてみて下さい。きっと、とっても嬉しい効果を感じることができるはずですから!

 

気になるお値段は…

しろ彩は、1度買うだけなら通常価格5,600円(税別)と送料600円で自宅まで届けてくれます。
でも定期コースなら、なんと通常価格より20%OFFの4,480円(税込)で購入することができます。
そして、さらに送料無料!
お届け周期も、自分の好きなサイクルに設定可能!

 

化粧水ってついストックを準備するのを忘れて慌てて買いに走ることが多いですけど、定期的に自動で届けてくれるので安心です。

 

しかも!なんと、30日間の返金保証までついてるんです。
30日後に使い切ってしまっていても大丈夫。
もし使用していて肌荒れが発生した場合は、商品代金を返金してくれるんです。
これから、敏感肌で肌が荒れやすい人でも安心ですね。

しろ彩はここがすごい!

そもそもなぜ赤ら顔になるの?

赤ら顔の原因というのは、毛細血管が広がってしまうことにあるんだそうです。
赤くなりがちな部分、頬や鼻、アゴは特に血管がたくさん密集している場所。
特に生まれつき皮膚が薄い人や、皮脂の分泌多くて悩んでいる人は要注意!
血管がすぐに炎症してしまうため、毛細血管が開いてしまいがちなんです。
赤ら顔を治したいのであれば、この毛細血管をしっかりコントロールするのがポイントなんです。

 

他とは違う!赤ら顔に特化した化粧水

しろ彩がなぜここまで、赤ら顔に悩む女性に受け入れられているのか。
それは、きっと「赤ら顔専用」の化粧水だからだと思います。

 

しろ彩は、赤ら顔の原因である毛細血管にアプローチ!
美容成分「地中海エキス」が毛細血管の広がりを抑えてくれます。

 

毛細血管の広がりを抑えてくれる化粧水なんて、今までに聞いたことありますか?
この働きが他の化粧水とは違う、しろ彩の特徴です。
肌を白くしてくれる美白化粧水や、肌に優しいオーガニック化粧水ではダメなんです。
赤ら顔に悩む人は、赤ら顔専用のしろ彩を使うこと。
これが、一番の近道だと感じました。

 

潤い成分がすごい!

しろ彩には、赤ら顔をケアしてくれる和漢成分がぎっしり。
ショウガ根茎エキスに、甘草(かんぞう)、茯苓(ぶくりょう)、川?(せんきゅう)など、血行促進効果、保湿効果などが期待できる成分がたっぷり含まれています。

 

さらに、セラミド・ヒアルロン酸・コラーゲンの3つの保湿成分で、肌のバリア機能もアップ!
しろ彩を使うと赤ら顔が治ると同時に、肌がモチモチになったという人が多くいるみたいですが、これは保湿機能がしっかりと効いている証拠なんでしょう。 

 

浸透率がすごい!

しろ彩でもうひとつ注目したいポイントとして、浸透率があります。
あなたは、ラメラ構造って聞いたことはありますか?
ラメラ構造とは、人の肌を構成する層のこと。
人の肌はいくつもの薄い層が何枚も重なってできています。
そのいくつもの層を通り抜けて角質層まで有効成分をいかに到達させるかが、化粧水の大切なポイント。

 

残念ながら、今までの化粧水には限界がありました。
幾重にも重なる層をすべてくぐり抜けられるほど、小さな粒子の成分が作り出せなかったんです。
でもしろ彩は、なんと多層浸透型バリアテクノロジーにより、貴重な成分を肌の奥の奥まで届けることができる独自技術を開発!
しろ彩は、なんと肌と同じラメラ構造でできているんです。

 

肌と同じ構造だから、浸透率は今までの化粧水に比べて格段に違います。
使ってみたら、ぐんぐん肌に浸透していくのを実感できるはず。
「すごく、効いてるな〜」って感じがして、毎回使うのが楽しくなりますよ。

 

 

合わせて行いたい赤ら顔ケア

 

赤ら顔の原因のひとつは、毛細血管の広がりであると言われています。
毛細血管の広がりは、日頃の生活を少し気を付けるだけで改善することが可能なんだそうです。
より確実に赤ら顔からさよならできるよう、私がしろ彩と合わせて行ったことをご紹介しましょう。

 

・食生活を見直す
アルコール・タバコ・カフェイン・香辛料の過剰摂取は、赤ら顔の原因を作るそうです。

 

お酒とタバコは普段からあまり飲まないので控える必要はありませんでしたが、
私の場合はカフェインの摂取量がかなり多かったように思います。
コーヒーが大好きで、毎日何杯も何杯も飲んでいました。
体に良くないとは感じていたので、これを機会にノンカフェインの紅茶を飲むようにしました。

 

 

・洗顔を見直す
毎日の洗顔って、自分が思っている以上に肌に負担をかけてしまっているみたいです。
ごしごし擦らずに、たっぷりの泡で洗う。
これが一番肌に優しい、洗顔の基本。

 

大抵の人は自分で、洗顔にふさわしい泡を作ることができていないそう。
私もより濃密な泡が作れるよう、洗顔ネットで泡立ててから洗顔するようになりました。
手は顔に触れることなく、濃密な泡だけで洗うのがいいそうですよ。
きれいになった肌はいつもより水分の吸収がいい感じ。しろ彩もいつもより効き目がアップしたような気がしました。 

 

 

・コントロールカラー下地を使う
赤ら顔が治るまでは、コントロールカラー下地にお世話になりました。
この方法を知るまでは、ただただカバー力のファンデーションを重ね付けすることばかり考えていたんです。

 

でもそれってお肌にも良くないし、見た目も厚塗りで最悪なんです。
大切なのは、赤みを肌色で隠すことではなく、赤い色を他の色で薄くすること。
コントロールカラー下地と呼ばれる、ほんのり色がついた下地を塗ることで赤みが消えるんです。
選ぶのは、グリーン系。
赤みが薄くなってきたら、イエロー系を選ぶと良いそうですよ。
絵具を混ぜるのと同じ要領ですね。
下地の前にはもちろんしろ彩。最近はしろ彩を使わないとメイクのりがイマイチに感じます。とろみがあるおかげで、パサつかないからかもしれません。

まとめ

 

何度も言いますが、しろ彩のすごいところは「赤ら顔専用」の化粧水であること。
今まで赤ら顔を治すためにいろんな化粧水を試してみましたが、まさか赤ら顔専用の化粧水が世の中にあるとは思わず見つけた時は本当にびっくりしました。
そして世の中にはこんなにも赤ら顔で悩んでいる人がいるんだと、同時に心強くなりました。

 

本当に長い間悩まされ続けてきた顔の赤みですが、しろ彩で人生が変わりました。
コンプレックスだった顔の赤みがないだけで、こんなにもメイクが楽しくなるんですね。
メイクだけでなくファッションにも自信がついてきて、毎日おしゃれをするのがとても楽しくなりました。
しろ彩に出会えて、本当によかった!